Home  » 銀行選びで失敗しない!  » まずは銀行選び

まずは銀行選び

外貨預金の窓口

この章からは、外貨預金を実際に始めてみるという実践編に入りたいと思います。
預金と言うだけあって、外貨預金を取り扱っているのは銀行です。大手メガバンクではどこの銀行でも取り扱っていますし、地方銀行やネット銀行でも取り扱いがあります。口座を開設するには、これらの銀行に申し込むことになるのですが、そこで重要になってくるのが銀行選びです。

以前であれば護送船団方式と言って、銀行サービスはどこも横並びでした。しかし、日本版金融ビッグバンによって銀行業務の大胆な規制緩和が実施され、銀行のサービスはどこに行っても同じで違うのは景品くらいという時代ではなくなりました。これはもちろん、外貨預金というひとつのサービスにおいても同じことが言えます。

銀行による特徴

それでは、各銀行は外貨預金にどのような差別化をしているのでしょうか。預金者にとって最も関心がある点と言えば、やはり何と言っても金利や手数料など、運用利回りに直結部分です。

円資金を外貨に両替する際に適用されるレートをTTS、TTBと言うのですが、それぞれのレートには現在の取引値(仲値と言います)から1円ずつ離れており、これが実質上の手数料になります。つまり往復で1円ずつ手数料が掛かっているというわけです。これは米ドルでの話で、マイナーな通貨になるとこれがさらに大きくなります。ちなみに、FXでも呼び方は違うもののこれと同じような仕組みがあり、スプレッドと言います。

金利や手数料の他には口座開設に伴う特典でも、各行に色々な工夫が見られます。そして、もちろん銀行が健全な経営をしていることが前提になりますから、銀行の経営に対する信用度や格付けなどを気にする人もいるでしょう。最近では国内系の銀行だけでなく外資系の銀行やネット銀行など、様々な形態の銀行が入り乱れているので、これらの中から外貨預金の預金先を選び出すことは、昔より難しくなっているかも知れません。

ここでは、数ある外貨預金取り扱い銀行の中から、金利や手数料という月並みなテーマではなく(これらは競争原理によって、大差がありません)、独自の視点で比較してみることにしましょう。

海外銀行比較表・PDFファイルダウンロード

このページの先頭に戻る