Home  » 外貨預金コラム  » 中国人民元で外貨預金をしたい

中国人民元で外貨預金をしたい

これからは中国の時代?

8_1.jpg

最近になって、外貨預金の投資先として中国を希望する人が多くなっています。実際に中国の通貨である人民元で外貨預金ができないかという質問も寄せられているようです。
経済成長を続ける中国の通貨ですから、今後の中国のさらなる発展とともに通貨価値も上がるのではという思惑だと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。

まず、先に結論から申し上げますと「できないことはない」というお答えになります。一部の証券会社では人民元のFX取引が可能ですし、中国銀行や香港上海銀行などのように中国に多くの拠点を持つ銀行であれば人民元の口座を持つことができます。

しかし、人民元のFXはスワップが売りも買いもマイナスに設定されていることや、銀行に人民元口座を持つには中国本土で口座開設手続きをしなければならないことがあったりで、どれもあまり魅力的であるとは決して言えません。将来は国際的なメジャーカレンシーになるかも知れませんが、一定の範囲でしか価格変動のない固定相場通貨であることや、今はまだメジャーカレンシーではないというのが現実です。

それでも中国の成長に乗りたい

現在のところは人民元での外貨預金に現実味がないということはお話ししました。
しかし、それでも中国の経済成長にうまく乗る形で何らかの準備をしておきたいという人の気持ちも分かります。何せ成長が見込まれるものの、今はまだ安い株を買うようなものですから。

8_2.jpg

そんな方にご提案したいのが、香港ドルです。
香港はご存知の通りイギリスの植民地であったものが中国に返還され、現在は特別行政区という扱いですが中国の一部です。この香港では香港ドルという通貨が流通しており、これは多くの銀行で外貨預金の取り扱いがあります。香港は中国の経済成長とともに経済的な存在感を増してきており、どのような形になるかは分かりませんが、人民元との合流や何らかの統合があるかも知れません。

間接的ではありますが、中国という国自体に投資したいのであれば、香港ドルでの外貨預金をお勧めします。但し、金利は低いですし為替変動も今はそれほどありません。あくまでも中国の成長期待という長期的視野で。

海外銀行比較表・PDFファイルダウンロード

このページの先頭に戻る