Home  » 外貨預金vsFX  » 外貨預金にメリットはない!?

外貨預金にメリットはない!?

外貨預金とFXのメリット・デメリット

FXはレバレッジを1倍に設定して外貨預金と全く同じリスクとリターンで取引をすることが出来ます。(詳しくはこちらを参照)

では外貨預金とFXを比べ、取引条件のメリット・デメリットを考えてみましょう。

外貨預金 FX
約1㌦1円 取引コスト 約1㌦1銭
他人資本利用不可 資金効率 レバレッジ50倍まで
円安になった時のみ 為替差益 円安・円高どちらでも可能
満期のみ 金利受け取り 毎日
中途解約に制限・違約金がかかる 決済 いつでも可能
銀行の営業時間中 取引時間 24時間
円/外貨のみ、少ない 取扱ペア 円/外貨及び外貨/外貨のペア、非常に多い
低い 金利 高い
雑所得 税金(為替差益) 雑所得
源泉徴収 税金(金利) 雑所得
銀行倒産・為替変動 リスク FX業者のカバー先銀行倒産*・為替変動
なし、ペイオフ対象外 取引銀行、またはFX業者倒産時の場合の資産保障 信託保全による証拠金の全額保障

※FX業者は2009年以降全て信託保全で保証金を管理することが義務付けられているので、業者自体の倒産は資産の損失を意味しない。

同じ外貨投資である外貨預金とFXですが、
外貨預金がFXより優れている面がほとんどないことが分かります。

リスク、コスト、利益チャンスの三方面に分けてみても、

リスク コスト 利益チャンス
「外貨預金は銀行を通して行うから安全だけど、FXはハイリスクハイリターン」というのは誤解?
→ 詳しくはこちら
外貨預金の手数料を考慮すると、金利収入で元を取るのに100年かかる!?
→ 詳しくはこちら
リーマンショック後の為替市場では外貨預金で利益を上げることは不可能!FXじゃないと儲からない市場の事情とは?
→ 詳しくはこちら

外貨預金はFXより特段安全というわけではないのに、コストが高く、利益を上げるチャンスが少なくなります。外貨投資に興味を持っているほとんどの方には、レバレッジ1倍の取引が可能で受け取られるスワップ金利が高いFX業者をお勧めします。

FX業界も近年の規制により、かつてハイスピード、ハイリスク、ハイリターンを売りにしていた業者達が消え、純粋な外貨投資を求める顧客に優しい環境になりつつあります。外貨投資用のFXを始めるのは絶好のタイミングと言えるでしょう!

外貨投資用におすすめ!レバレッジ1倍 + 高スワップのFX業者!

フォーランドフォレックス
FX業界最高水準のスワップポイント!取引コストの面からも手数料無料+ドル円スプレッドが1㌦あたり1銭で大変おすすめできます。
→ 詳細はこちら
外為どっとコム
テレビコマーシャルなどでもよく見かけるようになった外為どっとコムは中・長期投資用のNEXT口座で高スワップの取引条件を提供してくれます。
→ 詳細はこちら
サイバーエージェントFX
手数料無料と非常に狭いスプレッドで有名なサイバーエージェントFXは実は高いスワップも提供してくれます。
→ 詳細はこちら

海外銀行比較表・PDFファイルダウンロード

このページの先頭に戻る