Home  » 外貨預金の投資方針  » 外貨選び

外貨選び

どの外貨で預金するのは投資の方針そのもの

3_4.jpg

銀行選びの次は、どの外貨で預金をするのかという外貨選びです。外貨預金で利用される通貨それぞれの特徴については、外貨の特徴の章でお話しましたので、ここでは通貨の特徴については触れません。

ここで重要になるのは外貨預金の投資方針をどうするのかという点です。

安全性を求めて中長期的な資産形成を考えるのか、もしくは高金利や為替差益によってハイリターン狙いでいくのか。同じ外貨預金と言っても、この両者には大きな違いがあります。外貨預金はFXに比べて安全性の高い緩やかな投資商品であるという認識ですが、投資方針によってはFXよりも外貨預金の方がハイリスク・ハイリターンになることも大いに有り得るのです。

安全な通貨とハイリターン通貨

まずは金利や為替差益ではなく、「安全な資産形成を目指す場合」を考えてみましょう。
これは筆者の独断ですが、このような投資方針なのであればおススメの通貨はユーロ豪ドルです。

この通貨名に、ちょっと意外な印象を持たれた方も多いかも知れません。米ドルが含まれていませんし、豪ドルという高金利通貨が含まれています。もちろん米ドルも安全な資産形成に使えないわけではありませんが、金融不安がくすぶっていることに加え、安全性については同等レベルの豪ドルに比べると圧倒的に金利が低いので、それらを加味すると米ドルより豪ドルの方が良いのではないかという考えです。

一方で、ハイリターンを狙うのであれば、英ポンドです。
ポンドはFXの世界でも値動きの激しいギャンブル通貨として知られ、それは外貨預金でも同じことが言えます。ギャンブル通貨という悪名(?)を持っているポンドではありますが、英国の経済を見ると悲観的になる必要もなく、100円以上の大きなスパンで上下を繰り返しているので、仮に大きな為替差損が生じたとしても継続保有することで回復することは大いに期待できます。
FXであればこの前にロスカットとなるところですが、外貨預金はどれだけ値下がりしても、円転さえしなければ永久に損失が確定することはありません。

海外銀行比較表・PDFファイルダウンロード

このページの先頭に戻る