Home  » 外国為替の知識  » 外国為替の仕組みを理解する

外国為替の仕組みを理解する

外国為替の役割

1_1.jpg

世界にはたくさんの国があり、それぞれの国には自国で流通させるための通貨があります。

日本の通貨は、言うまでもなく円です。
日本国内でなら円さえあればお金として使うことが出来ますが、海外に行くとそうはいきません。日本の円は国際的に信用がある通貨でもあるので、国によっては円をそのまま使用出来ることもありますが、原則として外国でお金を使う場合や、外国の会社や個人に対して支払いをするためには、その国の通貨で支払うことが基本です。

しかし、その国の事情などにより、相手が受け取りたがらない通貨というものもあります。その場合は、米国ドルを決済通貨として使用することがあります。米国に関係のない商取引であってもドルを使用することは当たり前のようにあります。これは世界最大の経済大国である米国に対する世界的な信頼があるので、まさかドルが突然紙切れになることはないだろうという信用から来るものです。米国はもちろん、米国以外であっても貿易など国際的な商取引に際しては、その国の通貨ではなく決済にはドルが用いられます。

この場合、決済のためにドルを用意しなければならず、それを調達するためにあるのが、外国為替市場です。例えば日本の企業が外国から何かを輸入する場合、その代金支払いのために外国為替市場で円をドルに両替します。つまり、円売りドル買いという取引を行うわけです。

為替市場はどんな国にも関わりがある

日本は資本主義経済の国なので、このように市場で決済通貨を調達するということは当然のように行われています。しかし、世界には資本主義ではない国もたくさんあります。

資本主義国ではなくても、このような国が外国と何らかの商取引をする場合には、外国為替市場で決済通貨を調達するしかありません。このように、外国為替というのは資本主義国以外でも避けて通ることは出来ないのです。株式や商品など、世界にはあらゆる市場がありますが、このように世界中の商取引に欠かすことの出来ない外国為替市場は、世界最大の市場なのです。

但し、市場と言っても外国為替取引所が設置されているわけではありません。世界中に外国為替を取り扱っている取引会社があり、通貨の売買はこれらの業者で行われています。

ニュースで円相場の最新情報が報道される際に、大きな円卓を囲んでトレーダーが大声でやり取りをしている光景を目にすることがあります。今では全てコンピューターで処理されるため、このような光景は見られなくなりましたが、かつて東京にある外国為替取引の会社で実際に行われていた売買の光景です。

海外銀行比較表・PDFファイルダウンロード

このページの先頭に戻る