Home  » 5分でわかる基礎知識  » 円預金と外貨預金

円預金と外貨預金

円建てと外貨建て

9_2_1.jpg

円預金とは日本円で預金する口座のことです。ほとんどの場合、日本から預金をする場合は日本円で預け入れをするはずですから、何も両替をせずにそのまま預金するという意味です。「円建て」と表記されることもあります。

一方の外貨預金というのは、日本円以外の通貨で預金をすることで、預け入れ時に日本円から外国通貨への両替が行われます。もちろんこれは銀行が行うもので、預金者は銀行に預け入れたいお金を日本円で持っていくだけでOKです。

円預金に対して、外貨預金のことを「外貨建て」の預金とも呼びます。円建てとの違いは色々ありますが、まず言えるのは金利の違いです。
ゼロ金利政策を続けている日本では円建ての預金と言ってもわずかな金利しか期待できませんから、外貨建ての高金利は魅力です。

お金でお金を買う

そして、もう一つの特徴とは資金を外貨にするために、外国の通貨を買うということです。外国為替市場で刻一刻を変化する相場によって外貨を買うので、どの時点で取引をするかによって、その後の損益に大きく影響を及ぼします。他の投資商品でもこの点は同じですが、外貨預金の場合はお金で株や債権などを買うのではなく、お金を出して買うものもお金です。

価値が変動している外貨を買うため、外貨預金の預け入れを行った時点で為替変動と運命を共にすることになります。預け入れをした外貨が口座開設時よりも上昇すれば(つまり外貨高円安)、預金の残高は金利を加えた金額よりも大きくなり、利益が拡大します。これを為替差益と言います。

一方、逆に外貨が安くなり円が高くなった場合は、金利分はプラスされますが、為替変動による損失を差し引いた残高になります。これを為替差損と言います。一般的に、金利よりも為替変動による影響の方が大きいので、金利情勢よりその外貨が今後どのような値動きになるかを考える方が正解です。これはFX取引におけるスワップと為替変動の関係にも同じことが言えます。

海外銀行比較表・PDFファイルダウンロード

このページの先頭に戻る