Home  » 外貨の特徴を理解する  » 外貨の特徴は3つに分けることができる

外貨の特徴は3つに分けることができる

三大メジャーカレンシー

2_1.jpg

世界中にあるそれぞれの国には、それぞれの特徴があります。それは当然、その国の通貨にも反映されます。但し、それはその国の国民性や文化という意味ではなく、その国の経済的な特徴に影響を受けます。

まず、通貨の流通量という観点で見てみると、世界には三大メジャーカレンシーと呼ばれる通貨があります。これは、経済規模が大きいことから自ずと決済などで流通量が多くなる通貨のことです。基軸通貨であるドルはもちろん、ユーロと円がこれに続きます。この3通貨間で資金が行ったり来たりしていることが改めて証明されたのが、2008年後半からの円高トレンドです。

サブプライムショックやリーマンショックによって欧米の経済に不安が広がり、ドルとユーロが大きく売られたのに対し、欧米ほどダメージを受けていない日本に資金が逃避した結果、円高となりました。ドルとユーロがダメなら円、という図式が改めて見られたわけです。

コモディティ通貨

世界には豊富な資源を輸出することによって経済を成り立たせている国がたくさんあります。これらの資源国の通貨はコモディティ通貨と呼ばれ、資源の需要が高まるとコモディティ通貨も買いが集まるという特徴があります。

資源というのは石油や鉱物などに限らず、水産資源や農作物なども含まれます。2008年に起こった世界的な原油高をキッカケとしてあらゆる資源が高くなりましたが、この時にはコモディティ通貨が敏感に反応して買われていました。

エマージング通貨

新興経済国の通貨のことは、エマージング通貨と呼ばれます。新興経済国と言うとBRICs諸国を連想しますが、世界にはこれらの4ヵ国以外にも経済発展中の国はあります。外貨預金やFXなどでエマージング通貨として知られているのは、南アフリカランド、トルコリラ、韓国ウォンなどです。

それでは、外貨投資によく登場する通貨について、次のページからそれぞれの通貨の特徴を詳しく解説していきたいと思います。この特徴については外貨預金だけでなく、FX投資にも通用します。

海外銀行比較表・PDFファイルダウンロード

このページの先頭に戻る